入学試験に合格するため|難関である医学部に合格するため塾に通おう

難関である医学部に合格するため塾に通おう

ウーマン

入学試験に合格するため

ウーマン

試験方式の違い

大学には多くの学部がありますが、その中でも医学部は、特に入学試験の合格難易度が高いことから知られています。そのため医学部に合格するために多くの人が、予備校に通っています。ただし予備校の種類は豊富にあるため、その中から特に自分に適したところを選ぶことが大事です。というのも医学部の入学試験は、国立大学と私立大学とで試験方式が異なっているからです。国立の場合は基本的にはセンター試験での得点で、私立の場合はそれぞれが実施している入学試験での得点で、合否が決められます。したがって国立の医学部入学を目指している場合は、センター試験対策を重点的におこなっている予備校を選ぶ必要があります。私立の医学部入学を希望している場合は、志望校の出題傾向に合わせた対策をおこなっている予備校で学ぶことが適していると言えるのです。

併願受験の場合

中には、国立大学と私立大学それぞれの医学部を併願するという人もいます。そのような場合は、国立と私立それぞれにおける対策が必要となります。つまり、複数の予備校に通う必要性が生じてくるわけです。ただし大手の予備校では、センター試験対策コースと、各私立大学に特化したコースの両方が用意されていることもあります。そのため併願受験を希望している人の多くが、そういった予備校で複数のコースを利用しています。しかし昨今では、私立大学の医学部の中にも、センター試験での得点を合否判定の参考にするというところが増えてきています。したがってそのような私立の医学部を選べば、併願受験の場合でも、基本的には予備校でセンター試験対策をするだけで済みます。